お客様と印刷技術者との橋渡し

本社営業部 江崎 麻名

丸信歴:
2015年〜
Q普段の業務内容を教えてください。

私の仕事で大事なことは、お客様と印刷技術者の皆さんとの橋渡しをすることです。印刷物を作成するための工程として、まずはお客様の想いを聞き取ります。聞き取った情報をもとにデザイナーさんと打ち合わせをし、デザインをお客様に提案。同時に、その製品にとって最適な材質・加工を提案します。そして、お客様からデザインを決めていただき、印刷工程で不具合が起きないよう、工場と確認をとりつつ印刷手配をかけていきます。一つの製品を作り上げるために、お客様とも社内の皆さんとも密に連絡を取り合っていくのが、営業の仕事です。製品の材質や加工の提案は、営業だからこそできることです。自分の提案次第で製品の使いやすさやお客様の商品の売れ行きに影響が出るので、責任は重い反面やりがいのある仕事だと感じています。

Q仕事をしていて一番嬉しかったことは何ですか?

入社して半年の時、初めてお客様の依頼を一人で請け負いました。コンビニやドラッグストア等でよく見かける、垂れ下がる形のPOPが初めて作成した製品です。身にしみて感じたのは、なかなか想定どおりに印刷できるものではないということです。思った通りにデザインは出来上がったものの、そのデザインの性質上、位置がずれて見えにくくなってしまいました。思考錯誤の末に、印刷のやり方を変更し、印刷の各工程の皆さんに気を遣っていただくことで、なんとか完成に至りました。社内の皆さんの力を借りて初めてひとつの製品を作成することができ、お客様の感謝の言葉もいただくことが出来ました。その時はとても嬉しい気持ちになりましたし、また次もお客様のために良いものを作りたいという気持ちになりました。

Q丸信を選んだ理由は?

私は営業職志望で就職活動に取り組み、業界も不動産や商社、メーカーから食品まで業界を問わず様々な説明会に参加していました。そこでたまたま丸信に出会い、説明会での先輩のお話に魅力を感じて、選考への参加を決意しました。本社での面接の際に工場見学があり、私はこの見学で丸信に入りたいと思うようになりました。印刷の工程に沿って、工場長が社内を案内をしてもらいました。その際、質問にも気軽に応えていただきました。加えて、大きな機械がものすごい音を立てて印刷し続けるのは、とても新鮮でした。人も機械も忙しく動いている中でも、工場で働いている皆さんが気持ちよく挨拶してくださるところが、とても印象に残りました。選考を通して、この会社で働いたら気持ちよく仕事が出来ると感じたところが、私が丸信を選んだ理由です。