技術職

シール 間欠(志機)部門
大石 健太郎

2015年入社
八女工業高等学校

1日の流れ

  • 出社

    工場でラジオ体操を行い、部門ごとに朝礼をします。

  • 機械のチェック

    自分が担当している機械の掃除や印刷物の準備をします。

  • 印刷

    午前中に約4点ほどシールの印刷をします。

  • お昼休み

    お弁当を頼んだり、みんなで近くの定食屋に食べに行きます。

  • 5S活動

    各部署ごとに考えた5Sのスケジュールを元に整理整頓を行います。

  • 委員会活動

    月1回の5S審査で委員長を含めた4〜5名で各部署をチェックしに巡回します。5Sの掲示板やデスクや棚の整理ができているかを審査します。

  • 印刷

    急ぎの商品など納品日が近いものから優先的に印刷します。

  • 翌日の準備

    紙やインクの準備、版の調整などを行います。事前にしておくことで翌日の作業がスムーズに開始できます。

  • 退社

丸信に入って

私が担当している機械ではほとんどが食品関係のシールです。初めは機械の特性が分からずに苦戦しましたが、1台1台に違う機械の癖を知り毎日少しずつ調整しながら印刷を行っています。私が印刷しているシールは身近で欠かすことの出来ない商品だけにその種類も数えきれないほどたくさんあります。私たちが生活してくのになくてはならない食品をワクワクした気持ちで消費者の方が購入していけるような商品を印刷したいと思っています。

この仕事をしていて嬉しかったことや面白いところ

この仕事の面白いところはいろいろな機械を操作出来ることです。小さい頃から何かを作ったりすることが好きで、初めてチャレンジするような事も好きでした。丸信の工場では様々な種類の機械が何台もあり、それぞれ専門分野のプロがいます。いろんな人の話を聞くことができ、仕事に関係のないことでも自分の知識がどんどん増えていく事はとても面白いです。
嬉しかったことは初めて自分が印刷した商品を観光地で見た時です。入社してちょうど1年経った時に家族で湯布院へ旅行に行った時に見つけました。見つけた瞬間、「これ、俺が印刷したんだよ!」とめちゃくちゃ自慢しました!(笑) 母も嬉しそうに私が印刷した商品を購入してくれ、とても思い出に残っています。

丸信で良かったと思うことや会社の好きなところを教えてください

働いているスタッフが本当に仲がいいことです。丸信では社内イベントも多く、交流委員会が主体となって夏祭りやボーリング大会、工場見学など年間を通してたくさんのイベントを開催してくれます。普段の仕事では話すことのない他部門の方とも交流することが出来るので、意外な一面が見れたりそれを機に仲良くなったりと、結果的に仕事もやりやすくなりました。社員旅行の時は同じ部署の5人で京都・大阪へ男旅に行きました。時には厳しい一面もある先輩たちですが、遊びに誘っていただいたりいろいろな事を教えてくれ、成長できる働きやすい環境です。

休日の過ごし方、リフレッシュの方法を教えてください

多趣味なので休日はいろいろなことをしています!(笑) 音楽を聞いたり、バスケをしたり、ジョギングをしたり、ドライブをしたり...一番多いのは友達とショッピングをしてそのまま飲みに行くことです。高校を卒業してから大学に行ったり県外へ就職したりとバラバラになってしまった子もいるので、週末に集まって遊ぶことが一番のリフレッシュになっています。
()ショッピングした後に立ち寄った、おしゃれなカフェでパシャリ!

就活生へひとこと

就職活動において広い視野を持って取り組む事が大切だと思います。広い視野を持つことで、様々な視点から自分のやりたいこと、ライフスタイルに合った仕事を必ず見つけられると思います。
いくつもある企業の中から自分に合った企業を探すのは難しいと思いますが、焦らず自分の納得いく就職活動に取り組んで下さい!