営業職

大阪営業所 所長
高田 大輔

2011年入社
西南学院大学 
経済学部経済学科

Q現在の職務内容を教えてください。

丸信の営業は、シール・紙器印刷のメーカーとして、さらに包装資材商社として日々お客様に必要な資材を販売しています。
例えば酒造メーカー様で言えば、新商品のお酒を作るに当たってビンに付いているラベルデザインの打ち合わせから始まりラベル仕様についての細かい打ち合わせ。さらにビンをいれる箱やそれを運ぶ段ボール・持ち帰り用の紙袋・販促用のPOPなど、私たちがお客様にご提案できる資材は限りがありません。
『お客様をトータルでコーディネイトする』 私たちは、様々な業界・業種のお客様に総合的にパッケージのご提案を行っています。

Qこれまでの取り組み、キャリアアップにつながる活動など

入社1.2年目の時に自社製品についてめちゃくちゃ勉強しました!先輩はもちろん、工場の方へも分からないことはどんどん質問してく内にだんだんと知識が増えてきました。その結果、今まで答えれなかったお客様からの質問も自信を持ってその場で対応できるようになりました。私はお客様から信頼を得るにはスピードが大事だと思っています。求められたことに対してプラスαの提案を競合他社どこよりも1番にご提案する。早く新商品を出したいお客様の立場になり、素早い対応をすることでストレスを感じさせずに信頼を得る。それによって何かあった時は「高田くんに。。。」と思ってもらえるようになりました。

ニガテ意識のあった新規営業も実際に行ってみると、新しい発見や刺激があり、そこから知識も増えて行きました。丸信が業界業種問わないこともあり、今まで担当したことのなかった業界の方と接することで自分自身の勉強にもなり、そこから新規獲得出来ると自信もつきました。
丸信では、研修にも力を入れており、マーケティングやCS〈顧客満足〉セミナーにも参加させていただきました。専門の講師の方から学ぶことによって営業活動にも大きく影響したと思います。まずはお客様の事を知る、それによって新たなニーズに気づくことができ、ただのモノづくりではなく「売れるモノづくり」をご提案できるようになりました。

Qこの仕事、丸信のおもしろいところ、やりがい

お客様と一緒に考えた商品パッケージが実際に店頭に並んでいるのを見ることです!印刷の営業は、これに尽きるんじゃないかな?と思います。
丸信ではいい意味で自由です。自由というのはサボれるとかではなく、ゼロの状態から商品作りに関わることができるので、デザインの提案やパッケージの形状等、お客様のニーズに沿うことは必ず必要ですが、個人の裁量で提案することができます。さらに、その関わった商品の売り上げが好調でお客様から「ありがとう」の言葉を頂くと、どんなに社歴を重ねても飛び上がるほど嬉しく感じます。
私たちパッケージメーカーの役割は、デザイン性だけではなく消費者の方々に商品をわかりやすく伝えること・商品が手元に届くまで保護することの役割を担っています。そういう意味では私たちは、消費者の方々が安心・安全に商品を購入し使用して頂くまでのお客様と消費者の方の「繋ぎ役」としてお役立ちになっているとと自負しています。

Q一緒に働きたい後輩、こんな人に来てほしい

勉強熱心で何事にも熱意を持って行動できる人。
どんなことでもいいので質問してたくさんの事を吸収してほしいです。
若手でも活躍できる場がある為、一緒にどんどん盛り上げていきたいと思います。

キャリアステップ

2011年 入社後、本社研修、先輩同行
2012年 担当顧客を持ち 一人で営業
2014年 マーケティングやCSセミナーへ参加
2017年 主任へ昇格
2019年 大阪営業所 所長へ昇格

メッセージ

私たち丸信の営業マンは日々、お客様の商品の「顔」となるパッケージを作成しております。
皆様が思う印刷会社の営業マンってどんなイメージでしょうか?
もちろん大変な部分や勉強しなければいけないことはたくさんありますが、それ以上にゼロからモノ作りに関われる楽しさがあります。
他にも魅力がいっぱいある会社だと思いますので、一緒に頑張りましょう!